So-net無料ブログ作成
検索選択

密室”批判受け、温暖化対策基本法案の閣議決定先送り(産経新聞)

 政府は4日、当初5日を予定していた「地球温暖化対策基本法案」(仮称)の閣議決定を来週に先送りすることを決めた。法案での原子力利用の扱いをめぐり社民党との調整が難航したほか、非公開で検討されてきた法案づくりに産業界や労働界、与党議員から批判が噴出したためで、調整不足の実態が改めて浮き彫りになった形だ。

 政府は改めて12日の閣議決定を目指す方針。これに向けて、4日には平野博文官房長官や小沢鋭仁環境相ら温暖化対策の関係閣僚が首相官邸で、民主党の支持基盤である連合との意見交換会を開催。このほか経済産業省や環境省も相次いで政策会議を開き、与党側などとの調整を進めた。

 連合の南雲弘行事務局長は意見交換後、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する政府目標の実現に向けて「国民や企業が果たす役割分担が示されていない」などと記者団に語り、政府の対応を批判。「責任を明確化した上で、国民対話をすべきだ」と述べた。

 また経産省の政策会議では増子輝彦副大臣が「(法案づくりが)透明性に欠けたことを反省し、おわびする」と不手際を認めた。

【関連記事】
温暖化基本法案「国民対話が重要」 連合、政府に申し入れ
太陽光で発電、海外市場開拓へコスト削減必要
地球温暖化対策基本法案の閣議決定ずれこむ 小沢環境相明かす
CO2削減 新たな負担、いまだ“藪の中”
温暖化対策 迷走する国民不在の論議
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

高校無償化で社国、朝鮮学校除外反対で一致(産経新聞)
伊方原発 プルサーマル試運転 3号機の発電再開(毎日新聞)
たばこ販売、最大の落ち込みに=増税も1000億円減収−財務省(時事通信)
地球温暖化対策基本法案の閣議決定ずれこむ 小沢環境相明かす(産経新聞)
来年度予算案、衆院通過―年度内成立が確定(医療介護CBニュース)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。